親しみやすさ?インパクト?良い屋号のつけ方!

屋号の考え方の基本とは?

屋号を考える時の方向性はいくつかあります。まず商品やサービスの内容がイメージできるもの、次に意外性、そして誰もが知っている言葉を使うことです。例えば、イタリアンレストランにイタリアの地名を入れるというものです。馴染みのない意外な言葉は、気になるという点で集客につながります。よく知っている身近なものや言葉が入っていると、覚えやすいというメリットがあります。このように、屋号を考える時には主に3通りの考え方でつけることができるのです。どれが最も良いということは特になく、つける人のこだわりや好みで考えるのが一番ではないでしょうか。一般的には商品やサービスにちなんだものや連想しやすいものが多い傾向はあります。

読みやすいことが大事

屋号を考える時に注意したいことは、読みやすいということでしょう。意外性やインパクトは大事ですが、発音がしにくいものや読み方が一般的ではないものは、敬遠される可能性が高くなります。実際の商品やサービスとはまったく違うものも同様です。中にはギャップが面白くて人気が出る場合もありますが、稀な例でしょう。上手な屋号のつけ方とは、商品がイメージしやすく、読みやすく覚えやすいものが無難と言えます。看板にした時も視認性が良いと見つけやすいというメリットがあります。インパクトのある屋号は人気が出る場合がありますが、一時的なもので終わってしまうことも多いのが難点ではないでしょうか。期間限定で考える場合は良いかもしれません。

独立は会社を辞めて自分のお店を持ったりして、自分の力で新たに事業を行うことです。そのためには自力でやる前にしっかりと技術や知識を身に付けることが大切です。